2007年10月17日

世界はときどき美しい

sekaiwatokidokiutukushi2

「世界はときどき美しい」という映画を見ました。

映像ポエムみたいな売りの映画だったので、甘ったるい映画だったら嫌だなあとか思いながら、でもタイトルとキャストにに何か惹かれるものがあって、DVDレンタルしたのです。

松田美由紀さん、柄本明さん、市川実日子さん、松田龍平さんらそれぞれが、storyらしいstoryのない5話の短編に主演しています。

今回映画デビューというモデルの片山瞳さんが主演されたお話の自動販売機がとても綺麗でした。
自動販売機ですよ。普段そんなふうに感じることはないですよね。

柄本さんの主演されたアル中の男篇では、ウイスキーのロックグラスの大きな丸い氷も印象的です。

普段はお金お金の日々になりがちですが、この映画は、生きていることの幸せや愛おしさを、すこし思い出させてくれた気がしました。
明け方の4時ごろから見たので効果も抜群だったのでしょうか。

で、どこがB級かって?
この映画は全編8mmフィルムで撮影されており、画面サイズもスタンダード(ま四角)なのです。時代の逆ですね。
その手法でこそ実現できた美しい映画といえます。


詳しい感想は、http://tetsuhachi.seesaa.net/に書きました。
http://apf.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_4063.html

http://blog.eigaseikatu.com/azusa/archives/2007/04/post_69.html
http://mificafe.blog72.fc2.com/blog-entry-182.html
http://blog.so-net.ne.jp/kaerubiyori2/2007-06-21

http://sakuratoku.ti-da.net/e1699253.html
http://blogs.yahoo.co.jp/melgibsondesu/50537047.html
http://blogs.yahoo.co.jp/moviestar_masato/7917211.html
http://d.hatena.ne.jp/sin_uesama/20070722
http://ryuqspecial.ti-da.net/e1730194.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kemonogare/diary/200705130000
http://plaza.rakuten.co.jp/HANASUKAERU/diary/200709210000
http://jupi.seesaa.net/article/46376407.html
http://deux-soleils.spaces.live.com/Blog/cns!3F20337A56ED500C!151.entry
http://diary.jp.aol.com/daegnk6r75k/116.html
http://ikuko817.blog106.fc2.com/blog-entry-169.html

http://muddy8mm.howto.cx/2006/11/8mm_11.html
http://nee-master.blog.drecom.jp/archive/582
http://tenslives.blog70.fc2.com/blog-entry-1745.html
http://mycasty.jp/platano161/html/2007-05/05-15-724752.html
http://roseholic.blog87.fc2.com/blog-entry-19.html
posted by 自転車太助 at 12:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですね。

映画のタイトルに対して、もっと“幸せ”であってもいいのに。“寂しさ”がにじみ出ている映画に感じていたのですが、東京で観るとまた違うんですね。

そこに何かを思い返すものを感じたんですね。

監督にインタビューさせて頂いた際伺ったのは、
8mmの映像は、人間としての生理に近いそうですよ。

時代に逆行というよりは、
時代を“金”でなく“人”に向き合わせるためのきっかけになる可能性のある映画だったかもしれませんね。
Posted by KUWA at 2007年10月17日 14:05
TBありがとうございます

素敵な映画でしたね

この映画を見たら 心の中で
しずくがピコンと跳ねたような
そんな気分になりました

静かに感動しました

また遊びにきてくださいね
Posted by じゅぴ at 2007年10月17日 21:29
トラバありがとうでしたっ♪
Posted by めるぎぶそん at 2007年10月17日 22:29
>KUWAさん
コメントありがとうございます。
私高校まで沖縄に住んでました。
桜坂オリオンもよくいってましたよー。

>じゅぴさん
コメントありがとうございます。
なんか、今は普通のものを普通にみれなくなってるのかもしれませんね。
普通のことが感動的でしたよね。
Posted by 自転車太助 at 2007年10月18日 19:46
>めるぎぶそんさんもありがとうございました。
またときどきいらっしゃってください。
Posted by 自転車太助 at 2007年10月18日 22:23
映画 『世界はときどき美しい』 公式ブログを
運営している者です。
当方で、こちらの記事を紹介させていただきました。
勝手にリンクさせていただいたことをお許しください。
作品へのすてきな感想を喜んでいます。
ありがとうございました。
引き続き、応援してください。
Posted by 映画 『世界はときどき美しい』 公式ブログ at 2007年12月14日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画『世界はときどき美しい』
Excerpt: 「最近は人生の方が波乱万丈で、ドラマや小説が面白くなくなった」わずか27歳やそこらで、そんなことを嬉々と話す会社の先輩を横目で見ながら「なんてつまらない人生だ。私は絶対、そんなことを言う大人にはならな..
Weblog: ryuQ 特集ページ
Tracked: 2007-10-17 14:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。